<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


産み分けとの関係


生み分けをしたい場合、排卵日を知ることも重要となります。静止にはX精子とY精子があり、Y精子は男の子、X精子は女の子です。そこで、例えば男の子が欲しいなら、Y精子を卵子と受精させなければいけません。精子は、まず最初に膣を通過します。膣は、通常、酸性の液で満たされています。

これが、排卵日になると、子宮の入り口である子宮頸管から、アルカリ性の粘液が侵入し、膣は、中性に傾いていきます。Y精子は、酸性に弱く、アルカリ性に強いという特徴があります。つまり、排卵日当日にセックスすると、ふだん酸性の膣が、この日は中性に傾いているので(酸性が弱くなっているので)、Y精子が生き残る確率は増し、受精して、男の子が産まれる可能性が高くなることになります。

男の子を望むなら、まず、排卵日を特定し、その日にセックスすること、ということになります。しかし、正確に排卵日を知ることは難しいもので、自己流は危険かもしれません。排卵日当日にセックスすると男の子、その2〜3日前だと女の子と言われていますが、本当に生み分けを希望するなら、やはり医者で排卵日を特定してもらい、この日は、と言う日にゼリーを使っての生み分けが確率が高くなるようです。

グリーンゼリーは名称どおりゼリー状のもので、セックスの前に女性の膣内に付属のシリンジで挿入し、Y精子の有利なアルカリ性の環境を作り男の子を産み分けるというものです。市販はされていません。通販やネットオークションでも購入できますが、衛生上の問題もあるので、産み分けを指導している産婦人科で購入し、必ず産婦人科での指導に従って使用することです。 

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.