<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


予測方法@


自分で、排卵日を予測する方法としては、基礎体温表の推移や頸管粘液の状態、排卵検査薬等による方法があります。これらの方法以外、ある書籍によると、排卵前には子宮口の位置も大きく変わる、とのことです。おりものが玉子の白身のように透明で、長く伸びるような状態の時期は、子宮口は普段よりも位置が高くなる。つまり、結果膣の長さが長くなるそうです。

また、普段、子宮口は鼻の先くらいの堅さですが、これが、唇くらいの柔らかさになり、さらに、わずかに口が開きます。子宮がこのような状態になると、卵の白身状になっている粘液の助けもあって、精子が中に取り込まれやすくなり、また、その後も精子は2、3日生きていられるので、こうした時期に夫婦生活を持つと、妊娠しやすくなる、というのです。 

子宮の長さを知るには、毎日同じ時間に、石鹸でよく洗った指を膣内に入れ、子宮口までの長さを指の関節の位置で知ることが出来ます。これ以外は、医療機関で、エコー(超音波検査)で卵胞の育ち具合を観察してもらったり、ホルモン検査を受けてみる、ということになります。しかし、排卵日を確実に予測するのはやはり限界があるようです。

特に、生理周期が一定でない女性の場合、さらに予測は難しくなるみたいです。このため、排卵日を予測して、タイミングを合わせるのではなく、週に2〜3回くらいは夫婦生活を持つようにして、これにより、排卵日とタイミングが合うようにする、というのも一つの選択肢と言えます。また、このほうが夫婦生活円満につながるかもしれません。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.