<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


症状について@


排卵日の症状としては、一般的には自覚症状はないといわれているものの、なにかしらのシグナルのようなものはあるようです。月経周期半ばになると、卵胞ホルモンが子宮内膜を成長させ、排卵の準備を整えるようになります。黄体化ホルモンは卵巣に分泌され、元気に成長した卵胞を破裂させ、卵子を放出します。

排卵日のシグナルを知る方法は、いくつかあります。おりもののやわらかさ(頚管粘液法)、基礎体温法、排卵痛(生理の中間痛)の症状、排卵出血の有無、唾液で調べる、検査薬でチェックする、病院(産婦人科)での超音波検査、などがあります。おりもののやわらかさで判断する、頚管粘液法は、時期によって変わる、おりものの粘度で判断するものです。

おりものは、普段は膣内を雑菌から守るために酸性の性質をもっているのですが、排卵日近くになると、精子をスムーズに運び、受胎を促すためにアルカリ性に変化します。これは、アルカリ性を好む精子が膣内をスムーズに進めるようにするためです。28周期で考えると、生理開始日から8〜10日頃から増えはじめますが、その頃のおりものは、粘りのあるものです。

この頃は、下着にベトっとする感じや、固まりのあるおりものがつきます。その後2〜3日すると排卵日が近づき、膣内の水分が多くなりますので、サラサラのおりものがたくさん出るようになります。そして、排卵直前には、糸を引くぐらいの粘度の高いおりものになります。排卵日のおりものは、・指につけて伸ばすと10cm近く伸びる場合がある。・色が卵白のような状態から透明になる・排卵日以外のおりものはコップの水に入れると溶けますが、排卵日のものは水に入れても固まりのまま溶けない。こうした特徴があります。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.