<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


ホルモンバランスと排卵


加えてエストロゲンが血液中に増加しなければ、脳下垂体からの黄体化ホルモンの分泌も促進されません。卵巣内に黄体化ホルモンが分泌されなければ成長した卵胞を破裂させるものがいないため、排卵は起こらない。これが無排卵と呼ばれる現象です。

ここまで完全にホルモンのバランスを崩さなくても、例えばいざ黄体化ホルモンを分泌するという時期にたまたま不規則な生活が続いていたりすると、エストロゲンは分泌されていて、子宮内幕はある程度形成されていても、排卵にいたらず、プロゲストロンも分泌されない。それでも妊娠していない事は事実な訳ですから、形成した子宮内幕は体外へ排出します。即ち、生理はあっても排卵がないという状態になります。

こうしたホルモンバランスは、一度崩してしまうとすぐには元に戻らないのだそうです。それだけ女性の体は精密に作られているという事なのでしょう。ゆえに、日頃からホルモンバランスをしっかり考え、規則正しい生活や栄養のバランス、そして上手なストレス解消法などを心がけておく必要があります。

成人男性の精子はある程度の時期まで製造され続けます。中には一生製造を続けている人もいるようです。しかし、女性の原始卵胞は赤ちゃんの時が最も多く、加齢とともに減少して行きます。しかも、排卵するのは1回の生理周期中にたったの1つで、その卵子が受精出来る期間は、排卵の3日ほど前から排卵後24時間以内だけだと言われています。そう、妊娠を望む2人にとって、卵子はとても貴重なのです。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.