<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


ホルモン分泌


そんな間脳内にある視床下部の大切な仕事の一つにホルモン分泌の促進があります。これは成長ホルモン放出ホルモンや甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンなどを分泌し、脳下垂体などからの更なるホルモンの分泌を発症させるものです。

そしてその中の一種が「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」で、これを分泌する事によって、下垂体からの卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンの分泌を促します。この3つのホルモンは男女を問わず同様に持ち合わせており、同様に分泌されています。男性女性に関係なく、性ホルモンの原料はコレステロールで、順次変化を重ねながら、プロゲステロンから男性ホルモンの総称であるアンドロゲン、そして女性ホルモンの代表格であるエストロゲン…、という順番で作られて行きます。そのため、女性の体内にもまだエストロゲンにまでなっていない男性ホルモンが卵巣や副腎から、男性の体内にもアストロゲンを過ぎてしまった女性ホルモンが、ともに微妙ながらも分泌されています。

私たちは常に時と場合に応じた多種多様のホルモンを分泌しています。そしてそれらのホルモンは、全身の血管を駆け巡っています。しかし、ホルモンは自分を必要としている受容体を弁えており、そのレセプターとなる臓器や器官でしか働きません。ゆえに、ホルモンのバランスが崩れ必要な時に必要なホルモンの分泌がされなくなると、その助けを待っている部位は十分な機能が出来なくなり、我々の身体は様々な支障を来すのです。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.