<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


排卵と生理


生理周期は卵胞刺激ホルモンの分泌が止まり、黄体ホルモンの分泌が始まると、ほぼ半分の期間を経過した事になります。つまりここからが妊娠に向けての後半戦です。

「黄体化ホルモン」が卵巣へ分泌されると、成長した卵胞を破裂させます。これが「排卵」と呼ばれる現象です。卵巣では、排卵後に黄体化ホルモンによって「黄体」と呼ばれる新しい細胞が作られ、その細胞から「プロゲステロン」と呼ばれる黄体ホルモンが分泌されます。このプロゲステロンは、卵子よりも先に子宮内に到達し、エストロゲンによって在る程度成長させられた子宮内膜に柔軟性を持たせ、受胎した卵子が気持ち良く定着出来る場所になるよう整えます。ところが、卵子が精子と出会えなかったり、うまく受胎出来ず妊娠に至らなかった場合、この子宮内幕は不要となってしまいます。そこで、自然に剥がれ落ち、体外へ放出されます。これが「月経」、所謂「生理」と呼ばれる現象です。

このように、生理周期は何種類ものホルモンがそれぞれの部署での働きを担う事によって、正常に進行し続けます。ところが、このホルモン分泌のバランスを崩してしまうと、生理不順をはじめ、無排卵や予定外の排卵など、排卵に関する様々な障害が起きます。安定した生理周期が造られないため、排卵日の特定が困難となり、妊娠したくても出来なかったり、逆に思わぬ妊娠を招く結果となってしまうのです。では、ホルモンバランスはどんなところから崩れて行くのでしょうか?

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.