<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


生理周期の仕組み


女性の生理周期には様々なホルモンの働きが関わっています。そして、そんなホルモンの分泌に関する指令は全て脳から送られます。生理があったと言う事は、残念ながら前回の排卵日には受胎しなかったという事になる訳ですが、私たち成人女性の体は、ある程度の年齢までは毎月繁殖のチャンスを迎えます。そこで、生理が終わると次の機会を逃さないようにするために、早速妊娠準備を始めます。

まず、脳の中のホルモンの働きを司る部位「視床下部」から「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」が分泌されます。この「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」は”GnRH”と呼ばれ、視床下部の真下にあるホルモンの分泌を行う臓器「下垂体」に”FSH”と呼ばれる「卵胞刺激ホルモン」や”LH”と呼ばれる「黄体化ホルモン」の分泌を指令します。

最初に指令を出すのは「卵胞刺激ホルモン」の卵巣への分泌で、卵子の元となる「卵胞」を刺激させる事によって、いくつかの卵胞を大きくします。すると卵巣からは「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンが分泌され分泌されたこの卵胞ホルモンは血液中を通って子宮に到達します。そして、次の妊娠に備えて子宮内の環境を整えるべく、子宮内幕を形成し、成長させます。

一方、脳の視床下部では、血液中のエストロゲンの量が増加すると、卵胞が十分成熟した事に加え、子宮内の妊娠準備が順調に整っていると判断します。そこで、下垂体に卵胞刺激ホルモンの分泌を停止し、代わりに黄体化ホルモンの分泌を行うように指示するのです。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.
[PR]  シンガポールドル FX システムトレード オーストラリアドル 豪ドル